あいまいみーのきたろぐ

「できる人」よりも「できた人」を目指すブログ

【2017年版】Mackeeper のアンインストール、返金について。被害にあったからわかったこと。

f:id:imyme_999:20170715174251j:plain

こんにちは、あいまいみー( @imyme_999 )です(´-`).。oO

先日かなしいことがあったと言いましたが、その詳細を・・・

 

Windows利用中の方も知識として知っておいてほしいです。危険なこいつの存在を。

先日やってしまいました。

知っている人は知っている、知らない人は知らない、そう 「Mackeeper」。

◎ 関連記事:「結物語」西尾維新 読みました。 - あいまいみーな日常

 

 

 

 

はじめに

f:id:imyme_999:20170701183242j:plain

この電球みたいなかわいくない奴。こいつが「Mackeeper」です。Windowsをお使いの方はあまり見たことがないかもしれません。

昨日、Youtubeを音楽データに変換しようとしていたところ、突然。

 

謎の警告音

「ピーーーーーーーー(結構恐怖を煽る)」

「あなたのMacはウイルスに侵されています」の赤文字

「Mackeeperをインストールしてください」と永遠表示される

これも全て、Mackeeperの仕業らしいですよ。

 

MacKeeperとは

MacKeeper(Macキーパー)は、macOS向けのユーティリティソフトウェア対応で、コンピュータシステムの最適化、クリーニング、セキュリティ用に開発された2009年にアメリカに本社を置くZeobitにより開発されたのが始まり。2013年4月、Kromtech AllianceがMacKeeperを買収し、現在その製品とサービスは世界中で提供され、18か国語に対応している。2014年以降リリースされた主なバージョンは3種類。最新版の3.xには16種類のツールが含まれる。

Mackeeper - Wikipedia

 

フリーウェアをダウンロードするときに、そのフリーウェアのダウンロードボタンと間違えやすい位置に、よくMacKeeperのダウンロードボタンがあったりしますよね。

あれは押さないようにしてなんですが「ピーーーーーー」は初めてでテンパってしまった・・・

「ピーーーーーー」がなんせ、夜中に一人で聞くと恐怖心煽られることこの上ない。

焦ってダウンロードしてしまいました。

 

 

ダウンロードしてしまったら

f:id:imyme_999:20170701181026p:plain

f:id:imyme_999:20170701171913p:plain

はじまりは「スキャン開始」

「スキャン開始」を選択してしまうとエンジニアと謎のチャットが始まります。

私がチャットボタンを押してしまったのかなと思っていましたが、「スキャン開始」すると勝手につながるようです。

絶対に押さないでください。振りじゃありません。

絶対に押さないでください。

 

 

エンジニアが出てくる(24時間対応)

f:id:imyme_999:20170701162747p:plain

いかにもなエンジニアが出て来て、「初回は無料だよ、あなたの悩みを手伝うよ」的なスタンスで語りかけてきます。さらに怪しげな、Apple認証 プロフェッショナルの文字なども出てきます。しかも24時間体制。中の人こわい。

 

 

f:id:imyme_999:20170701170951p:plain

 

f:id:imyme_999:20170701170956p:plain

 

初回ではこれ以上できないと278項目くらいをクリーンして、「これ以上はライセンスいるよ、買ってね」と催促してきます。チャットの返しがAppleっぽい(悔しいことに)ので安心しちゃいます。

詳細省いてますが、概ねこんな感じでした。

 

f:id:imyme_999:20170701170959p:plain

 

最初20%オフから始まり値切ったら50%オフになり、こっちもついおもしろくなってきて購入してしまいました。笑

 

 

最初の画面はこれ

検証してくださった方がいらっしゃいました。

とてもわかりやすいです。私もこんな画面でした。

MacKeeperが話題になっているらしいのでちゃんとインストールしてレビューしてみた

 

 

 

Mac スペック

f:id:imyme_999:20170627201513j:plain

ちなみに、引っかかった時の私のMac情報はこちら

 

MacBook Pro

masOS Sierra バージョン 10.12.5

 

IllustratorやPhotoshopを使うので、パーティションを分けて、OS8とOS10を入れていました。なので、Macの容量自体はなかなか圧迫されていました。

現状、「Mackeeper」入れる前もよくフリーズしたり、電源が落ちたりしてて、不安はありました。というか、もう長いこと使ってるんだから買い換えようって感じではありました。

最近 Sierraをようやくインストールしたばかりなのに、フリーズ頻発。ぐるぐる回り続ける虹色のアイコン。Appleにも不信感。ちなみに未だ原因わからないので、分かる方誰か教えてください。笑

 

 

 

今思えば思い当たる不審な点

f:id:imyme_999:20170701174332j:plain

ライセンス購入するまでに、メール開くのは遅いわ、Webも遅いわ、今考えるとインストールしたことで余計に重くなっていたのでした。

ライセンス購入して、クリーニング完了して、確かに軽くなりました。

私の場合は使わない言語とかで1GB使っていたので、これは確かにいらなかった。ここだけ感謝。確かに軽くなりました。みなさんも使用しない言語は消しても良いかと思います。ラテン語とか。自己責任ですが・・・

よくよく確認してみると、日本語も削除されていました。結局、いろんなAppを入れ直す羽目になりました。削除する際はくれぐれもお気をつけください。

 

 

ライセンス購入した感想

f:id:imyme_999:20170701171357p:plain

Webでいろいろ調べたんですが、別にそこまでいろいろ書かれているほど、悪いとは思わなかったです(実際軽くなりましたし)。ですが、最初の吊り広告の「深刻なウイルスが検出されました」「警告音ピーーーーーーー(恐怖)」これが本当にいらない。恐怖で購入を煽ってこないで。そこが一番不愉快でした。

しかも、よくよく内容を確認すると、別に無料のアプリでも事足りると思います。初心者さんやWindowsから移行して来た人にひっかかりやすいらしいので、お気をつけください。

 

 

Appleでも度々問い合わせ

https://discussionsjapan.apple.com/thread/10105032

 

 

 

「ウイルスに感染している」 と書かれたら

f:id:imyme_999:20170709183026j:plain

ウイルスに侵されているかはターミナルで調べられます。

まずは落ち着いて、Macが本当にウイルスに感染しているのか確認しましょう。

私も「あと1分で安全性が失われます」とか出てたので焦りましたが、実際1分以上経ってから調べ終わりました。調べ終えて安心していたところに謎のチャットなのでした。

下記、とても参考になります!

 

 

Macのウイルスチェック方法

minto.tech

 

 

(今さら聞けない)ターミナルとは

techacademy.jp

 

 

インストール、またはライセンス契約してしまった場合にすること 

f:id:imyme_999:20170701185601j:plain

 

 

1.ライセンス契約の解除について

f:id:imyme_999:20170701190053j:plain

ずアプリ削除前に行ってください。どこから解約して良いのかわからなくなり、自動更新されてお金が引き落とされっぱなしになります。

私も一度削除してしまい、もう一度インストールする羽目になりました。

 

 

f:id:imyme_999:20170701190215p:plain

 

f:id:imyme_999:20170701190219p:plain

Mackeeper App>システムステータス>ライブサポート>ライブチャット

 

ここに「ライセンスのキャンセルをしたい」と伝えると対応してくれます。 5分~10分以上は待ちました。未使用分は返金してくれるそうです。

英語がわかる方は、返金リクエストフォームからメールを送っても大丈夫だそうです。

 

 

返金について

f:id:imyme_999:20170701190221p:plain

 

f:id:imyme_999:20170701190225p:plain

ライセンスの返金の項目にも詳細が書いています。私は契約したその日に解約しました。

2日ほどで詳細のメールも送ってくれるとのこと。私の場合は待てど暮らせどメールが送られてこないので、電話で問い合わせしました。片言の日本語でしたが、きちんと対応してくれました。

 

 

 

返金完了メール

f:id:imyme_999:20170709190811j:plain

(日本語翻訳しています。実際は全て英語です。)

その際、注文ID(♯0000000 数字8桁)が必要になるので、ライセンス契約のメールから控えておいてください。 

私の場合はラッキーだったのか、全額返金してもらいました。時間はかかりましたが(約一週間ほど)泣き寝入りはもったいないです。ぜひチャレンジしてみてください。

 

 

 

Mackeeper 日本語対応窓口

0800-111-1304

 

ライセンスについて

https://mackeeper.com/eula?lang=ja

 

返金リクエストフォーム

https://mackeeper.com/refund

 

 

 

2.アンインストールについて

f:id:imyme_999:20170701190835j:plain

現在(2017年)はこれが一番良さそうというものをメモしておきます。記事が古かったりすると対応してなかったりもするのでお気をつけて。

同じようにインストールしてしまった方々が迷わないためにも・・・ 

 

 

「Malwarebytes Anti-Malware for Mac」で削除 → 成功!

こちらが最新の対処法です(2017/07/09現在)

 

f:id:imyme_999:20170701181823p:plain

 

f:id:imyme_999:20170701181846p:plain

 

f:id:imyme_999:20170701182205p:plain

 

f:id:imyme_999:20170701182208p:plain

 

4STEPで終わりました!!

片手にGoogle 写真翻訳のアプリを持ちながら作業しました。ニュアンスでしか読み取ってませんが、あれ便利ですね。

いろいろサイトを見ると消えなくてみなさん苦労されていたようですが、綺麗に消えました。これで安心・・・

Google 翻訳

Google 翻訳

  • Google, Inc.
  • 辞書/辞典/その他
  • 無料

 

動画付きでわかりやすく、非常に参考になりました。 

applech2.com

 

 

(今さら聞けない)アドウェアとは

アドウェア (Adware) とは、広告を目的とした通常は無料のソフトウェアである。 なかには、ユーザーに告知せずに何らかの情報を収集するような、マルウェアであるものもある。 料金を支払う事で広告が無くなる、有料版を販売している場合もある。

アドウェア - Wikipedia

 

 

(「DetectX」で削除 → おそらく成功)

こちらでも可能と思われます。こちらでは試していませんが、参考になりました。

AppCleaner でも比較してくださっているので、安心感もありました。

DetectXはあくまで「削除するのが難しい関連ファイルやマルウェアを削除するためのアプリ」であり、最新のアドウェアなどの削除には”AdwareMedic“(先日Malwarebytesに譲渡され現在は”Anti-Malware for Mac”となっています)の使用を勧めています。

applech2.com

 

 

 

 「Finder」と「AppCleaner」で最終確認 

f:id:imyme_999:20170701181300p:plain

 

Finder > 検索 > 「Mackeeper」 > 「Mackeeper.app」削除(ゴミ箱も空にする)

 

念のために確認しておきましょう。これで安心です。ここまでお疲れ様でした。

長くかかりましたが、ここまで私はトータル3〜4時間くらいはかかりました・・・

Webで色々調べつつ、Macもなかなか動かず重いし、半日潰れてしまいました。悔しい。

 

 

 結論「有料のウイルス対策ソフト購入がおすすめ」

f:id:imyme_999:20170622145506j:plain

「あやしいウイルス検出」は嘘

これに限ります。「ウイルスが検出されました」は基本、嘘です。騙されないでください。

私の場合、返金もしてもらい、削除にも成功し全て解決して(ちょっと軽くなった)ので、不愉快ではありますが、自己責任かなと思います。まぁ、一度実際にお金を取られていますので、なんとも言えませんが。軽くはなったのが、まだ救いかな。

役に立ちますが、無償でこのパフォーマンスのソフトもたくさんあります。なので、本当に利用者が気にいるかどうかなのかなと思います。

まぁ、勉強料だと思って割り切ろうと思います。二度と引っかからないようにしよう。みなさまもお気をつけて。 

 

 

有料ウイルス対策ソフトがおすすめ

ウイルスが気になる方は有償のソフトをおすすめします。無料ソフトももちろんありますが、安心感とサポート力が違います。

「Mackeeper」だけは絶対にダメです。

 

 

 Macならこれがおすすめ!

商品の説明
エディション:ダウンロード版
製品概要
Macだからといって、もうネットワーク攻撃やマルウェアと無縁ではありません。過去「トロイの木馬」によるウイルス等により、Macのセキュリティ観が大きく変わりました。Mac ユーザのネットワークをハッキングするため、個人情報を盗むため、そしてコンピュータやファイルに惨事を引き起こすマルウェアおよびウイルスを開発するために、躍起になっている者は非常に多く存在します。Intego のバンドルパッケージ、Mac Internet Security X8で、こうした脅威から身を守りましょう。

動作環境
・対応OS: Mac OS X 10.8 〜 10.11
・CPU: Intel Core 2 DuoプロセッサのMacコンピュータ
・HDD: 1.5 GB以上のハードディスク空き容量
・ライセンス認証、オンライン・ユーザガイドの表示、およびNetUpdateによるセキュリティアップデートのためのインターネット接続環境が必要となります

DRM認証:なし

無料デモ版もありますので、試してみてから購入もありです。

私もMacだからといって油断は禁物なのだなと勉強しました・・・

 

 

参考になります!

securitysoft.asia

 

 

こちらもおすすめ!

Macユーザーにおすすめの人気フリーソフトランキング | minto.tech

 

 

 

Amazon Prime Day 開催中! 終了しました

f:id:imyme_999:20170710184918j:plain

ご購入をお考えなら今がお得!(2017/7/10 18:00 ~ 7/11 23:59まで)

Amazonプライム無料登録はこちらから (^o^)/

 

なんだか狙ってたみたいで嫌なんですが・・・笑

そういえばと思い調べたらめっちゃお得でした。検討されているなら、今が一番お得です!

ちなみに こちら↓ おすすめです。

www.amazon.co.jp

 

 

追記

ちなみに私のMacはついにキーボードが駄目になりました。Zキーのみです。致命的。

誰かの嫌がらせなのかな・・・(笑)

修理しようか、新しいものを買おうか検討中です。

iMac欲しいんですが、お高いんですよね。(´;ω;`)

 

 

 

おわりに

f:id:imyme_999:20170701191603j:plain

Mackeeper で苦しんでいる人、苦しんだ人、たくさんいると思います。

返金やライセンス解除まで書いてある記事は、探したところ全くなかったので、一人でも多くの人に届くようにFacebookやTwitterでシェアお願いします。

今後の被害者が拡大しないことを心より祈ります。

 

 

それでは本日はこのへんで。

この記事が役に立ったら、読者登録、はてなブックマークお願いします ^^

お付き合いいただきまして、有難うございました。