あいまいみーのきたろぐ

「できる人」よりも「できた人」を目指すブログ

今見るべきアニメであり、映画であり、読むべき本。それが「サクラダリセット」

f:id:imyme_999:20170713152749j:plain

こんにちは、あいまいみー( @imyme_999 )です(´-`).。oO

先日の記事に、はてなブックマーク、コメント、スター有難うございました (^o^)

超初心者の私ですが、お役に立てているなら嬉しい限りです。

そして、読者様が60人を越えました \(^o^)/ わーい

いつも見て下さっている方、楽しみと言ってくれている方もいて、本当にうれしいなぁと思いながら書いてます。

まだまだ応援お待ちしています。笑

さて、記念も兼ねて宣言していた読者様紹介を先に ^^

 

 

 

 

読者様ご紹介

f:id:imyme_999:20170704150842j:plain

智さん 

btomotomo.hatenablog.com

阿刀田高選「奇妙にこわい話」優秀賞受賞、佳作受賞(共に光文社文庫収録)。銀華文学賞佳作受賞2回(小説『世間さま』、小説『YES』で)。太宰治賞二次選考通過。群像新人文学賞、新潮新人賞、小説宝石新人賞一次選考通過。「文芸思潮」57号に小説『きっかけ』を発表、など。歌詞の提供も多数。

経歴だけ見てもすごい方で、現在不定期更新なんですが、とても勉強になります。

そして何より、私が嬉しかったことが。

この記事に「『よかったよ〜』と思いましたので、ブックマーク! (^o^)/」と言って、はてなブックマークして下さったんです。

ずきゅーん \(◎o◎)/ って感じでした。笑

こんなに何気なく人の心をつかんでしまう智さんのブログ。

ぜひ見に行ってみてください ^^

 

関連記事:

「人生にちょっとだけ疲れたかもしれない人」に届けばいいなという話 - あいまいみーな日常

 

 

ひつじ。さん

www.thaislife.com

まず名前がかわいい。いや、男性なんですが。笑

大学では英語を学び、アジアをバックパッカーした後、新卒でタイに赴任。現在絶賛転職活動中とのこと。英語や旅のことなどを書いていらして、見ているだけでも勉強になりますし、何よりわくわくします。

後、ひつじ。さん 本当にブログが好きなんだなということが、記事から伝わってきて、勝手にほっこりしてます ^^

 

 

たんたんさん

www.tantandaisuki.com

23歳で私より1歳年下なんだー!と最近びっくりしました。笑

鋭いところを的確についていらっしゃるブログだと日々思います。はてなブックマークがたくさんつくのも頷ける。

自分の生き方だったり、将来不安を抱いている方はぜひ見てほしいブログです ^^

 

 

 

はじめに

f:id:imyme_999:20170713094941j:plain

さて本題です。笑

今回はアニメを見たことがない人でも「こんな作品があるんだ、見てみたいかも」と思ってもらえたらいいなと書きました ^^

昨日放送された「アニメ サクラダリセット #13 ONE HAND EDEN 2/4」での「正しさ」についてのお話。

原作映画化アニメ化されていますので、好きなメディアで見てみてください ♪

 

 

作品紹介

猫と幽霊と日曜日の革命 サクラダリセット1 (角川文庫)

「サクラダリセット」 著者:河野 裕

内容紹介

「リセット」という一言で、世界は、三日分死ぬ――

能力者が集う街、咲良田(さくらだ)に生きる時間を巻き戻す少女・美空と、記憶を保持する少年・ケイ。繰り返す日常は、若者たちに何をもたらすのか!?

見聞きしたことを絶対に忘れない能力を持つ高校生・浅井ケイ。世界を三日巻き戻す能力・リセットを持つ少女・春埼美空。ふたりが力を合わせれば、過去をやり直し、現在を変えることができる。しかし二年前にリセットが原因で、ひとりの少女が命を落としていた。時間を巻き戻し、人々の悲しみを取り除くふたりの奉仕活動は、少女への贖罪なのか?

不可思議が日常となった能力者の街・咲良田に生きる少年と少女の優しい物語。

 

角川文庫「サクラダリセット」公式PV

 

公式リンク

原作:『サクラダリセット』原作 特設サイト 河野裕 | KADOKAWA

映画:映画「サクラダリセット」公式サイト 主演 野村周平×黒島結菜 絶賛上映中! 遂に完結!

アニメ:アニメ「サクラダリセット」公式サイト

 

 

 

 

「正しさ」の定義

f:id:imyme_999:20170712214845j:plain

質問「正しさとは?」

あなたは「『正しさ』とは何だと思いますか?」と聞かれた時にどう答えますか。

私は「強いこと」「ブレナイこと」「間違えないこと」とか、そんな考えが出てきます。でも、本作に出てくる野良猫屋敷のお爺さんは「正しさ」をこんな風に定義づけました。

 

野良猫屋敷のお爺さんと野ノ尾盛夏との会話

(「アニメ サクラダリセット #13 ONE HAND EDEN 2/4」より一部抜粋)

 

野良猫屋敷のお爺さん  野ノ尾盛夏

 

「知恵の輪とは正しさを探すもの」

「どうすれば正しさは見つかるのだ」

「頭の中に二つの箱を用意する。AとBの空っぽの二つの箱を。」

「うん、それで」

「Aの箱には思いつく限り、何もかも入れる。」

「何もかも」

「そう、何もかも。たとえばこの世界には何がある」

「猫」

「それもある。他にもある」

「私と君と、両親と、ミルクとクッキー」

「その通りだ。他にも、靴下や洋服や法律や、嘘やオイラーの方式もなんかある」

「方式?」

「この世界で最も美しいものの一つだよ」

「ともかく、色々なものを何もかも、その箱に入れるんだ」

(中略)

「大体全部入れ終わったら、その中から正しくないものをみつけてBの箱に移す」

「少しでも正しくないなら、容赦なく移すんだ」

(中略)

「これはいつまで続ければいいんだ」

「Aの中の箱の中身を一つ残らず、Bの箱の中に移し終わるまでだ」

「一つ残らず」

「この世界にあるものはどこかしら正しくないものだよ」

「どんな良いものにも悪いところが一つくらいある」

「Aの箱の中身を全部、Bの箱に移してしまったら、今度はBの箱から、まだマシなものを拾い上げる」

「それが君の正しいものだ」

「だがそれはどこか正しくないのだろう」

「正しくないところを理解した上で、それでも尚、正しいものだけが本当に正しいものだ」

「君は何を正しいと思った」

「猫」

「正しいものとはそうやってみつけるんだ」

 

片手の楽園 サクラダリセット5 (角川文庫)

 

 

正しすぎて居心地が悪い

f:id:imyme_999:20170712222821j:plain

「正しい」というのは一見「間違えていないこと」に見えますが、果たしてそうでしょうか。

たとえば、私はよく「まっすぐに物事を見ているね」と言われます。それは「正しい」ことが相手にしてみれば「正しすぎて居心地が悪いこと」だったんです。相手はグレーなことが好きな人でした。

最近で言うと小池都知事が何でも「見える化」していますよね。あれにも「政治にはグレーな部分も必要」とか言って持論を展開していました。笑

それが正しいのかはともかく「正しいことだけが正解ではない」ということをその方から教えてもらいました。何でも「~すぎ」は良くないですよね。笑 

 

 

 

本当の意味での「正しさ」とは

f:id:imyme_999:20170712215702j:plain

「正しさへの信頼のなさ」と「自分への信頼」

野良猫屋敷のお爺さんの言葉には「正しさ」に対するどうしようもない信頼のなさが出ているような気がします。

正しいものなど、この世にはない。

しかし同時に、限りなく正しいものは確かに存在する。

こんな矛盾を孕んだ言葉に聞こえます。

 

「この世界にあるものはどこかしら正しくないものだよ」

「どんな良いものにも悪いところが一つくらいある」

片手の楽園 サクラダリセット5 (角川文庫)

 

結局「正しさ」なんて、自分が決めてしまうことで、他人からしたらそれすらも「正しいこと」ではないのかもしれない。

「正しさ」ほど不確かなものはない。それはどことなく「幸せ」と同じような、曖昧で不確かで、儚いものなのかなと思いますよね。

 

しあわせはいつも

 

私の大好きな相田みつをさんもよく言っています。正にその通り。

しあわせは いつも じぶんの こころが きめる みつを

にんげんだもの 逢 (角川文庫)

何度この本で落ち着かせてくれて、命一杯泣いたことでしょう。笑

 

 

 

答え「正しいと決めるのは自分で、決めないのも自分」

f:id:imyme_999:20170712215152j:plain

「正しくないところを理解した上で、それでも尚、正しいものだけが本当に正しいものだ」

「君は何を正しいと思った」

「正しいものとはそうやってみつけるんだ」

片手の楽園 サクラダリセット5 (角川文庫)

 
世界には「正しさ」は多々溢れていますが、本当の意味での「正しさ」は自分の心だけが知ってる。

「正しいこと」を「正しいこと」だと認識するのも自分。実行するのも自分。決めるのも自分で、否定するのも自分。

そう思うと「正しさ」なんて不確かなものを議論するのもバカバカしくなってしまうと言えば本末転倒でしょうか。

そんな思いも抱いてしまう、昨日の「サクラダリセット」の一コマでありました。原作は5巻らしいです。

アニメも続きが楽しみです。最初は、なんだこの棒読みアニメはと思っていたのですが、それすらも味だと思えてきます。

以前「スワンプマン」についても書きましたので宜しければご覧下さい ^^ 

 

関連記事:

「スワンプマン」という名の偽物 - あいまいみーな日常

 

 

 

おわりに

f:id:imyme_999:20170712220026j:plain

本日は「正しさ」について、答えの出ないことを書いてみました。

気になった方はぜひ、原作映画アニメ、好きなメディアから手を出してみてください ^^

見終わった後、読み終わった後に、世界の見方が少しだけ変わって見える。

そんな作品だと私は思います。

長らくお付き合いありがとうございました。

「よかったよ~」とか「アニメ見ようかな」とか、「あいまいみー好きになりました」とか(笑)思った方は、読者登録、はてなブックマークお願いします \(^o^)/

いつもめちゃめちゃ励みになってます ^^

それでは、本日はこのへんで。

お付き合いいただきまして有難うございました ^^